中古のパソコンのおすすめポイント

新製品なら問題になりませんが、中古になるとパソコンは他の中古品に比べて大きな特徴があります。この点を踏まえて買うときに応用すると良い買い物ができます。そのポイントは、5年先の未来を見据えて買うことです。その理由は、pc以外の他の製品の場合は、五年十年で使い物にならないくらい大きく性能が変わることはありません。しかし、pcの場合はものすごい速さで進化しているために、古いpcはすぐに使えなくなってしまうことがあるからです。そのために古いpcを買う場合は「このパソコンはこれから先あと何年ぐらいつかえるか」を予測して買うことが大切になってきます。何年使えるかといっても寿命のことではなくて性能のことです。過去の高級モデルは今では標準モデルと同等です。それほど早くPCは速いスピードで進化しています。

5年先の未来を見据えて買うことがポイント

中古パソコンを買う場合は5年先の未来を見据えて買うことです。このことはとても大切なことです。なぜなら、古いpcはこの点で「よい買い物」か「安物掴みか」が決まります。なぜなら、新製品はすべて未来を見据えて設計しているからです。例えば、エアコンにしても、冷蔵庫にしても、カタログを見ればわかりますが、これから先にはどんな機能が必要かを見据えた未来製品を提供しています。しかし、古いpcはただでさえも古い上に、発売日は過ぎ去ってしまった過去です。つまり、下手をすると、見た目にはわからなくても現在ではすでに能力的に限界が来ているものもあります。それらのpcを安く買っても、スピードが遅く、動画やインターネットもきびきび動かずにいつもイライラしてばかりというpcを買っては意味がありません。

ポイントは少しでも上級モデルをかうとよい。

ポイントは容量などに今使うには多すぎるほどのゆとりがあるものを買うことです。中古pcには二種類あります。1つは、発売当時は手ごろでよかったpcです。もう1つは、発売当時は上級モデルだったpcです。するとpcの世界は発展が早いので、前者は現在使い物にならないことがあります。しかし、後者は、当時は上級だったものが今はちょうど良いかまたは上級なのに安く買える点が良い買い物になります。そこで、古いpcを買うポイントは上級モデルで今でも十分に使えるものを買えば、あと5年くらいは楽に使えますので長く使えてとてもよい買い物になります。そういうパソコンを数台見つけたら、あとは、その中から自分が一番好きな色や形で選べばお気に入りのpcとなり、その意味でも長く使えます。性能的に長く使えて納得できることがポイントです。